スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
みなさまこんにちは!

秋晴れの爽やかな天気が続いていますね!いかがお過ごしですか?

さて、今回は、田原本寺内町エリアのHANARARTこ あ のイベント内容を紹介します。

田原本寺内町は奈良盆地のほぼ中央に位置し、約1万年前に人々が住み始めたという長い歴史を有する町です。
唐古・鍵遺跡に見られるように、約2400年前の弥生時代には、すでに近畿最大の環濠集落が形成されていました。

各時代を代表する遺跡、寺社、建築物、町並みが数多く残されており、歴史のオーラに包まれながらそれぞれの時代の香りを味わうことのできる貴重な町です。

大和国、奈良盆地のへそのまち!

今回田原本寺内町エリアでは、1人のキュレーターが2カ所の会場で展覧会を開催します。

こ あ 」 キュレーター 谷川恵子(たにがわけいこ)さん
制作会社、美術館、現代アートギャラリー勤務を経て、ご自身のアートスペースを準備中。現在は大阪市内の企業アートスペースに勤務されておられます。

谷川さんは以下の2つの会場で、2人の作家のコラボレーションによる展示を企画されています。

出展作家 
小野紗雪
tawaramoto.jpg

日常の風景写真の上に、ペイントが施されたカラーアクリル層の立体作品。
現存する風景に彼女の感覚的世界観をMIX。今回は、浄照寺では屋外にアクリル作品を再現した立体作品と鍵岡本家では映像作品も展示される。

西川文章
nisikawa.jpg


「サウンドスケープ/フィールドレコーディング」という人工的に奏でる音以外に、『音風景』世の中にある音を採取する手法で作品を制作します。
地域住民も知らない田原本町にいる音を、浄照寺と鍵岡本家で展示。

まず1つ目の会場、
会場:浄照寺
会期:11月1日(木)~11月11日(日)10:00~16:30
大和五カ所御坊の1寺であり、本堂の他、明治天皇ご休憩所の御殿などが残されています。
P1030316.jpg






2つ目の会場、
会期:鍵岡本家
会期:11月1日(木)~11月11日(日)10:00~16:30

田原本エリアを代表する商家建築で、江戸期にはなかった町家の堂々たる風格がある建物です。
スクリーンショット(2012-10-08 3.09.17)

スクリーンショット(2012-10-09 11.25.13)




キュレーション・コンセプト
アートが持つ力の一つ「モノの捉え方変わってしまう」そんなきっかけをつくるべく、田原本町に存在する「モノ・コト・ヒト」の「歴史と現代」を、音の現象と異質空間 として再構築します。浄照寺では屋外へ溢れ出たかの様な立体作品も展示され、鍵岡本家にある骨董屋「古今洞」では、年代物のお宝たちと作家がおりなす作品が響宴します。
訪れた人々や地域の人々が知らない田原本町の日常と非日常の疑問を五感フル活用で体感する展示となります。


【関連イベント】
ワークショップ:小野イズム伝授!「小野さんと作品をつくろう。」
内容:アクリル立体作品の制作をレクチャー。
写真素材を探しに田原本を散策したアクリル版にペインティングしたり?!
日時:10月28日(日)13:00~16:00(受付終了14:00)*雨天決行
会場:田原本町水仙会館
費用:500円(作品を加工後、会期中浄照寺にて展示します)
定員:15名程(要申し込み/定員に達し次第終了)
持ち物: 写真をとれるもの。例:デジタルカメラ・携帯・iPhone等
(フィルムカメラやその場でデータの出し入れが出来てないものは不可)
*少しペインティング作業があるので心配な方は汚れてもいい格好
*小学生以下のご参加は保護者同伴
お問い合わせと申し込み方法
参加人数・参加者氏名・連絡先を tanigawa6450@gmail.com までメールにてお送りください。


昨年のはならぁとではサテライト会場だった、田原本寺内町。
今年はメイン会場の一つとして名乗りを上げることになりました。
谷川恵子さんによる企画の展覧会とワークショップ、皆様のご来場を心待ちにしています!

さて次回は郡山城下町の3つの展覧会の紹介に突入します。乞うご期待!
2012 こあ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。