スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
みなさまこんにちは!

引き続き郡山城下町エリアのHANARART こ あ
2人目のキュレーター:林和音(はやしかずね)さんの紹介です!

林和音さんは、大阪府在住の美術作家(インスタレーション)で、近畿大学文芸部芸術学科卒業後、大阪を拠点に『穴』をキーワードにインスタレーション作品を主に制作されています。
今回、キュレーターと出展作家を兼任しての出展になっています。


会場:浅井邸酒蔵(郡山城下町エリア)
会期:11月1日(木)~11月11日(日)10:00~16:30
ほのかに酒麹がかおる江戸時代の建物で、昭和の始めごろまで酒蔵として利用されていました。
建物に痛みはあるものの、ここで作られてきた清酒「友雀」の看板や重厚な扉等は、郡山城下の繁栄がしのばれる建物です。3つの部屋があり広々とした空間となっています。
asaitei3.jpg


キュレーション・コンセプト
郡山に残る古い酒蔵には独特の空気感があります。積み重なった時間、人々との関わり、歴史の流れは空間に見えないエネルギーを与え、私にも制作意欲を与えてくれます。
「繋がる穴」をキーワードに、人と人、地域と人を繋ぎ、過去、現在、未来へと時空を繋ぐ穴を酒蔵にインスタレーション。空間の持つパワーを頂きながら、ココでしか表現できない大きな作品で、未だ見ぬ世界へみなさまをご招待します。期間中に公開制作を実施します。

林和音
作品001

「繋がる」



酒蔵での制作過程を一般公開する事も予定されています。(期日未定)
驚きのインスタレーションです。乞うご期待!!


次回は引き続き郡山城下町エリア、3人目のキュレーター 千葉淳一さんを紹介します。
どうぞお楽しみに!
2012 こあ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。