スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

HANARART こあ 三輪エリア!

2012/10/14 Sun 00:42

みなさまこんにちは!

HANARART こ あ は6つのエリアで開催されますが、今回紹介するのは5つ目、三輪エリアです!

三輪(桜井市)は、奈良と初瀬の中間に位置する地区で、上街道の宿場として栄えました。
日本最初の市場と言われる三輪は中世に栄えた平等寺の門前市として発達し、今の恵比寿神社の社地を中心に市場町ができあがったと言われています。
そして日本最古の神社・大神神社の門前町と伊勢街道の宿場町の両方の名残を残す町並みです。
「赤い糸」伝説の残る三輪エリア

縁結びの神様が宿るまち!

地域の特産、三輪素麺も全国的に有名ですね!

その三輪エリアでは、1人のキュレーターが2つの会場で5人の美術家をによる現代アート展を開催します!

こ あ 」キュレーター 森山牧子(もりやま まきこ)さん

森山さんは、大学卒業後、東京、大阪での会社勤務を経て、パリに1年間滞在後、京都の現代アート系のギャラリーに勤務され、現在は大阪の現代アートを扱うギャラリーで勤務されています。


1つ目は、

会場:今西家
会期:11月1日(水)~11月11日(日)10:00~16:30

江戸時代の町家。明治期には特定郵便局を運営していた建物で、近年一部が改修されています。
今は居住されていませんがきちんとメンテナンスされています。
玄関脇にある羽目殺しの扉は、郵便局時代の名残です。当時は屋内から直接局へ出入りす る通用口として利用されていたそうです。
スクリーンショット(2012-10-15 19.39.39)

昨年度HANARARTを実地した際には地元の方がお家の中に入ってきてとても懐かしんでおられたのが印象的でした。今年も持ち主の方がHANARARTを大変楽しみにしてくださっています!


2つ目は、

会場:池田家
会期:11月1日(水)~11月11日(日)10:00~16:30

明治23年に建てらてた建物で、以前は素麺問屋を営んでおられました。
軒にある菊の御紋が入ったガラス張り看板「緒環素麺司」が印象的です。これは明治天皇の天覧をきっかけに掲げられたものです。
先代の家主は桜井市長も務められました。現在もご子息が自邸として使用されています。
今回は貴人口と上り間 を会場とします。
通りに面しているので、道行く人々と何気ない会話ができることもこの会場の魅力の一つといえます。

スクリーンショット(2012-10-15 19.39.58)


参加作家:金 光男、中岡 庸子、Lucille ReyBoz(ルシール・レイボーズ)、仲西 祐介、國政 聡志


キュレーション・コンセプト
悠久の歴史をもつ三輪山と大神神社に見守られてきた三輪。そのゆったりとした時間の流れ、風の揺らぎ、人と自然、人と場所のつながりを、5人の作家によりかたちにしたいと思います。
各作家は素材を吟味し、新しい技法に挑戦しながら、自分の思考をかたちにします。
彼女、彼らからうまれた作品と対面して、いつもとは違う景色に出会い、新しい世界の見え方のひとつをご提案したい、そう思っています。


金 光男 「row - nenrin」
三輪を訪問した際、ゆっくりとした時間の流れを感じました。良くも悪くも時間は全ての物事を変化させ、流れていきます。三輪にとって特別な杉の木をイメージとして扱い、作品を制作します。
kim mitsuo1


中岡 庸子
風の質が違う。一見すると、済んだ水が溜まっているような。よくよく目を凝らすと静かに、新しい水が底から底から湧いてくる。変化や穏やかに連綿と続いていく、華やかで豊かな土地。そんな三輪を包む空気を表現したいと思いました。
スクリーンショット(2012-10-15 20.00.34)


Lucille ReyBoz(ルシール・レイボーズ) 「KI」
樹木を縛る赤い糸。神聖なる木が人体のようで生々しい。三輪の赤い糸伝説にもつながる、神と自然と人間の強い関係を感じさせる作品。
出展作品lucille reyboz-1_KI


仲西 祐介 「Tamashii」
人間の「魂」が炎のごとく燃えては消え燃えては消え、この宇宙の悠々たる時間の中で永続的に輪廻を繰り返していく様を「光」で表現しました。
出展作品nakanishi yusuke-1_tamashii


國政 聡志「basket」
大きなバスケット(編みかご)をつくります。
繋ぐもの、繋げ方、繋がる形からできていく「関係」により、新しくその素材から見えるものを提示します。
kunimasa satoshi2


さまざまな素材を用いた作品が、神聖なる大神神社のお膝元;三輪の町の中で展示されます!

以上、三輪エリアのHANARART こ あ のご案内でした。

次回はいよいよHANARART こ あ 最後のエリア、八木札の辻エリア の紹介です!
どうぞお楽しみにー!
2012 こあ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。