みなさまこんにちは〜

さて、11回にわたって HANARART こ あ の内容を連載してきましたが、
今日は最後のキュレーター紹介となりました!

八木札の辻エリア、3人目のキュレーター、加藤 孝朗さんです!


こ あ 」キュレーター 加藤 孝朗(かとう たかあき)さん

加藤さんは、東京在住の音楽から落語等幅広く手がける多文化プロデューサーです。
豪州の高校に留学し帰国後、大学で西洋美術史を学び、その後有名プロデューサーのもとで音楽制作やマネージメントを手がけながら、アジアやアメリカ等海外でも幅広く活動。
現在は自ら立ちあげた会社で、クロスカルチャー・ブロデューサーとして、
ジャンルを越えた多種多様なアーティストのコラボレーションを全国で積極的に展開されています。

今回加藤さんは様々な分野で大活躍中の 5名のアーティストをキュレーションしつつ、ご自身も作家として参加。
“音”という概念をもう一度問い直す様な現代アート展を開催します。


会場:JR 畝傍駅 貴賓室
会期:11月1日(木)~11月11日(日)10:00~16:30
明治期には畝傍御陵や橿原神宮への最寄り駅で、皇室の参拝のため貴賓室が設けられました。
現在の駅舎は昭和15年のもので、橿原神宮と同じ台湾檜をつかった総白木作りが特徴です。
今上天皇のご成婚報告(昭和34年)に使用されて以来、皇室の使用はなくなり、旧国鉄の衰退もあって、
無人となった駅舎は昔日の繁栄の面影を残すのみとなりました。
IMG_7377.jpg


キュレーション・コンセプト
「うつろう、うつろい 2672」〜日々、四季、歴史を五感で感じる空間〜
初代神武天皇を祀る橿原神宮に皇族が参拝する為の貴賓室。
昭和15年(紀元 2600 年)の空間は、今は閉鎖され息を潜めています。
封印された部屋は、音で空気を揺らせば再び目覚め、五分で一日を、一時間で四季を巡ります。
見えない「時のうつろい」と、聴こえない「静寂」を、目で見て、耳で聴いて五感で「体験」する空間を描きます。静寂は音の中にあるという、アイロニック。2672が紐解く鍵。場を生かすライブイベントも多数開催します。

出展作家:chori、恒松 遙生、筆谷 亮也、波多野 敦子、トウヤマタケオ、加藤孝朗

chori
自ら詠んだ詩を、異空間へ誘うインスタレーションの一つの装置として機能させ、言葉が複雑に混ざりあうことにより生み出される一種の違和感を、調和として表現します。
会期中には即興の詩のパフォーマンスも行います。
023.jpg


恒松 遥生
電子音やフィールドレコーディングの手法も用いながら、既存の楽器の組み合わせでは表現できない音の再構築を
行う事によって、新たな音楽のあり方を提示します。
会期中には即興によるライブ演奏も行います。
tsunematsu.jpeg


筆谷 亮也
音の響きや展開に対し、寄りそう(=シンクロする)、離れる(=打ち消し合う)という2つの行為を軸に、
空間照明によって既存の時間軸を歪ませ、今がいつであるのかすら分からなくなる錯覚を表現します。
KISS-176.jpg



波多野 敦子
弦楽器の持つ生の響きの特性を生かしながらも、それを幾重にも重ねていく事によって生まれる美しさを表現すると同時に弦でしか鳴らす事の出来ない空間を目の前に出現させます。
会期中にはバイオリンによるライブも行います。
hatano.jpg


トウヤマタケオ
ピアノというオーソドックスで且つ馴染みのある楽器こそが、実は最も多才な身体的、精神的表現が可能な楽器であるという事を証明するかの如く、音像を重ねて、空間を染め上げます。
会期中には鍵盤楽器によるライブも行います。
takeotoyama.jpg




【関連イベント】
開会イベント 「密教声明伝供〜声明のお供え〜」
日時:2012年11月1日(木)12:00~
会場:JR畝傍駅貴賓室 *雨天決行
内容:高野山真言宗の僧侶達による真言密教の声明(幻想的な照明で類希なる声明を演出します)
「真理の源である大日如来様に真言密教の声明をお供えします。この展覧会を通じて五感から得られる感動と、誰もが心に持つ仏心に琴線に触れ、さらなる芸術振興を生み出す力が生まれることを祈願しお唱えいたします」
高野山真言宗 総本山金剛峯寺 亀位卓阿
定員:80名 *参加申し込み不要 先着順
お問い合わせ
contact@BYBO.jp


貴賓室イベント *雨天決行
内容:音の響きを感じる、ライブ、詩、話芸など 
料金:一般1500円/子供、シニア700円
定員:各50名

プログラム

・11月1日(木)18:00~「弦楽と詩のコラボレーション」
 波多野 敦子(バイオリン)、chori(詩人)、恒松 遙生(サウンド)

・11月2日(金)18:00~「浪曲と弦楽のコラボレーション」
 春野恵子(浪曲)、波多野 敦子(バイオリン)

・11月3日(土・祝)17:00~ 「ピアノと詩のコラボレーション」
トウヤマタケオ(ピアノ)、chori(詩人)、恒松 遙生(サウンド)

・11月4日(日)17:00~ 「That's all about 浪曲!」
 春野恵子(浪曲)、chori(詩人)、恒松 遙生(サウンド)

・11月6日(火)18:00~ 「落語と詩のコラボレーション」
 三枝亭二郎(落語)、chori(詩人)

・11月7日(水)18:00~ 「落語ではないニュースタイル落語!」
 三枝亭二郎(落語)、他

お問い合わせ
contact@BYBO.jp




どうです?スゴイでしょ!
実験的で超刺激的なイベントが連日連夜、JR畝傍駅貴賓室にお目見え。
こんなハイアートなステージがこんな身近な所でしかもこんな低価格で観れるなんて!!
見逃す手はありません。

“2672”が紐解く鍵とは?!

是非この機会に八木札の辻エリアに足をお運びください!

そして、もう1点お知らせです!
出展作家のchoriさんが、な、なんと、大河ドラマ「平清盛」に歌詠みの役で出演されます!
後白河法皇の50歳を御祝いする宴で歌を詠むシーンでご登場されます。

14日(日)の放送はもう過ぎてしまったのですが、明日土曜の再放送でぜひ、ご覧ください!!

大河ドラマ「平清盛」
第40回 「はかなき歌」
再放送:10月20日(土) NHK総合 午後1時05分~


是非この機会に八木札の辻エリアに足をお運びください!


以上、11回にわたって HANARART こ あ について紹介してきましたが、いかがでしたか?
かなりコアでディープでしょ!?

奈良県下6エリアの町家を舞台に開催されるHANARART 2012 、開幕までいよいよ10日を切りました。

今後もこの公式ブログでもう一つのアート展 HANARART も あ についての紹介を引き続きしていきます。
そして同時に、
ナカムラさんのはならぁとのエピソードや、
“ 町家がーる ”によるご案内もお届けして行きます!


どうぞお楽しみに!

2012 こあ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示